草加市のインプラントなら草加口腔インプラントセンター

草加口腔インプラントセンター
  • アクセス
  • 文字サイズ変更
  • 文字の大きさ標準
  • 文字の大きさ拡大

ご予約・お問い合わせ 048-941-8331ご予約・お問い合わせ 048-941-8331

院内設備

院内の感染対策は、現在の医療現場における先進の消毒・滅菌を心掛けております。

バキュクレーブ31B+

バキュクレーブ31B+

医療先進国ヨーロッパ規格の優れた滅菌性能とあらゆる機材の滅菌が可能です。

EOGガス滅菌器

エチレンオキサイドガスによるガス滅菌法で、加熱できない物に対して行います。

乾熱滅菌器

乾熱滅菌器

コンピューター制御で40~260℃までの範囲で高熱滅菌できます。
主に一般検査用器具等の滅菌に使用します。

そのほかに

超音波洗浄器
酸性電解水生成器 等を常備しております

さらに、平成17年度にクリーンルーム(手術室)を新設、平成22年に第二クリーンルーム(手術室)増設。そして、いち早く最新の3D-CTスキャナーやセレックCAD/CAMシステムなど先端機器を導入し、地域の中核医院として、又、先進クリニカルインプラントセンターとして、更なる機能の向上を目指します。

セレック CAD/CAMシステム

セレック CAD/CAMシステム

CEREC 3は1回の治療でオールセラミック修復物をセットすることが可能なCAD/CAMシステムです。
ソフトウェアを新しく“セレック3D”(立体表示)とすることでさらに扱いやすくなりました。

従来のように石膏模型を製作する必要はありません。
形成歯を3D光学カメラを使って撮影する(直接法)事でコンピュータはモニター上に歯列を再現します。
イメージングユニットとミリングユニットの2ユニット構成なので、ミリング作業を行いながら新しい修復物を設計できます。

詳しくはコチラ

ピエゾーサージェリー

ピエゾーサージェリー

従来のボーンサージェリー(マイクロソー等)と比較し、精度と安全性が飛躍的に高まりました。 24.000~29.000Hzの三次元超音波振動により、骨組織を選択的に切削し軟組織への侵襲を抑えることができる様になりました。
インプラントでは骨の深さの足りない上顎洞に対して、また骨幅の足りないリッジエキスパンジョン手術に対して、さらには親知らず(智歯)の抜歯や他の口腔外科手術、歯周外科手術に対して効率よくかつ低侵襲に用いることが可能になります。

ファインキューブ 3D-CTスキャナー

ファインキューブ 3D-CTスキャナー
ファインキューブ 3D-CTスキャナー

この最新歯科用コーンビーム3DーCTは、歯科治療を更に安全・確実にすすめるために、 インプラントの術前検査や埋伏智歯の位置検査等の口腔外科・矯正歯科はもちろんのこと、 顎関節検査・歯周病治療・一般の歯根治療など幅広い分野で活用でき、 今までのレントゲンでは得られなかった膨大な量の情報を得られる様になりました。
しかも医用X線ヘリカルCTに比べて放射線被曝量も低く約15分の1位におさえられ、 分析ソフトも進化しています。その超高解像度に加え、3次元的形態をも把握することが可能となり、 今まで判らなかったことが、より確かに判る様になりました。
まさに、より高度になった検査・診断がこれからの歯科治療を大きく変えることになると思います。

APG ハートレーター(自律神経検査)

APG ハートレーター

現代社会は管理された競争社会であり多くの人がストレスを抱えています。
原因の特定の難しい頭痛や肩こり、不眠などのいわゆる不定愁想を訴える人工が増加しています。
顎・顔面領域は特にストレスの発散の場であり、舌痛症や口腔乾燥、 噛みしめによる歯牙や歯肉の痛みなどの口腔内症状や、開口障害・顎の痛みなどの顎関節症として表現されています。
この様な患者さんに対して種々の検査を実施しても何も異常がみつからないことを臨床で度々経験します。
このうちの多くは自律神経のバランスが関与しているものと思われ、 ハートレーターは「心拍間変異分析装置」であり、自律神経の状態を定量化して、自律神経の活性度や交感神経・副交感神経の均衡状態を心拍間の微細な変異から検知し、分析します。

ストレス検査のページへ

オステオソニック

オステオソニック

超音波治療法のなかでも出力が小さく、特に刺激の少ない治療法です。
LIPUS「Low-Intensity Pulsed Ultra-Sound(LIPUS)」

このオステオソニックの特長をまとめますと、
・毎秒100~300万回の超音波振動を生体深部で刺激や熱に変換する。
・痛みの緩和やスパズムの軽減、骨組織の形成促進に効果がある。
・皮膚に損傷を与えず深部に刺激・熱を作用させることのできる唯一の手段である。
などですが、私達のクリニックでは主にインプラントやGBR(骨増成)に使用して幅広い成果をあげています。

オクルーザー・咬合力測定システム

オクルーザー・咬合力測定システム

噛む力や、力のバランスなどの噛んだ状態を私たち術者は見ることができません。このシステムは高性能スキャナーで咬合の面積・バランス・咬合力などの左右のバランスをわかりやすく表示し解析することができます。
特に今までは目に見えなかった臼歯の咬合状態を把握できることは、大変有意義なことであります。
顎関節症や、インプラント等の補綴物の咬合調整に力を発揮します。

高周波治療器・コスモキュア

高周波治療器・コスモキュア

電気メスを応用した装置であり、出力や通電時間を調整可能にした機器です。
感染した歯の根管の治療や歯周病、すなわち高周波による歯周組織の滅菌、活性化、再生に有効です。
最近では高周波非接触照射法が試みられ、高周波治療研究会には顎関節症や三叉神経痛、口腔乾燥症などの口腔顔面領域に起こる症状に対しても有効であったとの報告も多数寄せられはじめています。

パイオキュアー

パイオキュアー

フッ素イオン導入器です。感染した根管の治療や、歯牙の慢性炎症にも効果があります。

ストマレーザー

半導体を使った低出力のソフトレーザーです。口内炎やインプラント等の外科手術後の疼痛緩和や組織の治癒を促進します。

CGF・PRP・PPP採血用遠心分離機

PRP・PPP採血用遠心分離機

採血をさせていただき多血小板血漿(PRP)や自己トロンビン等を分離して主にインプラントの難症例に使用します。
口腔外科領域では、顎骨内腫瘍・顎のう胞摘出手術にも応用します。治癒が早く、術後の疼痛も少なくすることができます。

光学式う蝕検出装置・ダイアグノデント

ダイアグノデント

これはハンドピースのレーザー光によりデジタル表示するものです。
従来より齲蝕の診断は探針という鋭利な道具を用いて触診する方法で、視診に依存しています。これだけでは初期の齲蝕の発見とそれに対する予防に遅れをとる恐れがありましたが、ダイアグノデントは視診等では見分けられない初期の齲蝕や充填物の下にある隠れた齲蝕を数値化して見つけ出す事ができます。

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡は、位相差という特殊な光学システムによって、通常の顕微鏡では捉えることのできない微少で透明な細菌や血球などを生きたまま観察することができます。
歯垢(プラーク)の中にひそむ細菌等をすぐにビジュアルで見ることができます。
健康な口腔内に存在する細菌は球菌が多いですが、プラークや歯石が沈着した病的なポケット内は、嫌気状態となり嫌気性菌(歯周病原菌)である桿菌が増えてきます。その後病態が悪化するにつれ、強い嫌気的条件を要求するスピロヘータ(強い病原性を持つ)が増えてくることが確認されています。
口臭に関与する菌も調べることができます。

酸性電解水

酸性電解水

高い安全性を持ったこの電解水は、耐性菌を作りにくい力があります。エイズ・B型肝炎・C型肝炎等のウイルスやMRSA・大腸菌・食中毒菌(O-157)など、広範な病原菌に対して即効性で優れた効果があります。
特に歯周ポケット内には効果があり、私たちのクリニックでは歯周病治療の洗浄、消毒、洗口による口臭の抑制、インプラント埋入時の洗浄などに応用しております。

電解オゾン水生成器(口腔内用)

酸性電解水
詳細はこちらをクリック≫

口腔内に直接オゾン水を流し込み、スケーリングやSAP時に歯肉溝から浮遊してきた細菌をダイレクトに除菌します。
また、根管治療時にも生成直後のオゾン水で根管内の除菌ができます。 さらに、除菌のみならず、ウィルス(インフルエンザ等)に対しても瞬時に広く不活性化する効果も認められています。
オゾン水の安全性は数々の研究により立証されています。

クイックオゾンpico(機材用)

酸性電解水

当院は機材を全てオゾン水で殺菌しております。

心電計付きモニター・全自動体外除細動器

心電計付きモニター・全自動体外除細動器

少子高齢化社会を向え、私たちのクリニックでも、日常の歯科診療において、高齢者・有病者、又、在宅寝たきり老人などの治療を行う機会が増加しています。
心電計付きモニター・全自動体外除細動器 これらの患者に対して行う歯科治療や、局所麻酔に対する過度の不安・緊張。疼痛が加わると予期せぬ重篤な全身的変化が生じる場合が有ります。
又、近年これらの患者に限らず、20代~40代の比較的若い年齢の患者においても、循環系等の偶発症の発生が数多く報告されております。
したがって私たちは、歯科治療をするにあたり、平常時から患者の全身状態を把握する必要があります。しかしながら、日常の診療においてチェアーの上で変化しているかもしれない患者の全身状態を知り、管理することは大変困難なことであります。

心電計付きモニター・全自動体外除細動器

そこで、私どもの医院では脈拍・血圧・呼吸・動脈血酸素飽和度・心電図等のバイタルサインを測定できるモニタリング機器を装着し、継続的にバイタルサインを観察して患者の変化を知り、救急事態の発生を予測し、速やかに対応して、偶発症の発生を未然に防止する様にしております。
この様にモニタリング機器を常備することにより、歯科治療に恐怖があったり、健康状態に不安をお持ちの患者様も安心して歯科治療に専念できるようにしております。
さらに不測の事態に備えて、心電計付きの全自動除細動器(HEART START)を常備しております。

笑気ガス吸入麻酔器

鼻マスクを付けて30%程度の笑気ガス(N2O)と70%程度の酸素(O2)を混合したガスを吸入していただき、精神の安静を計りスムーズに歯科治療を行うことができます。
安全で、且つ患者様の意識はそのままで、快適な治療状態を作ることができます。
叉、歯型を取る時の嘔吐反射にも効果があります。
健康保険が使用できます。

ニューロメーター(末梢神経検査装置)

ニューロメーター(末梢神経検査装置)

近年、欠損補綴の選択肢としてインプラント治療が普及するに伴い、合併症として下顎神経の損傷による知覚神経障害が多く見られるようになってきました。

ニューロメーターは、このようなインプラント治療や親知らず(智歯)の抜歯などの外科的処置時に偶発する知覚障害に対して有用な電気知覚閾値検査装置(CRT検査)です。
神経線維は感覚伝達の異なる大径有髄線維(Aβ線維)中径有髄線維(Aδ線維)無髄線維(C線維)があり、これらの神経線維を選択的に測定し、どの神経線維に異常があるか診断できれば、早い段階での治療が可能となり、疼痛の早期回復が期待できるのです。

コールドレーザー

ニューロメーター(末梢神経検査装置)

半導体の特殊な波長のレーザー光によるフォトメカニカル効果で細胞内のミトコンドリアを刺激してATPを生産させます。ATPはすべての細胞のエネルギー源です。 レーザー光によるBiostimulation(生体刺激)により、早期に細胞・血管・神経の組織活性が起こり、痛んだ組織を早く治癒させる事ができます。

スーパーライザー

ニューロメーター(末梢神経検査装置)

光の中で最も深達性の高い波長帯の近赤外線(0.6~1.6um)を高出力でスポット状に照射することを可能にした初めての光線治療器で、主に大学病院のペインクリニック科をはじめ各科でその効果を認められ、生体の自然治癒力に働きかける体にやさしい治療法として医療現場で大きな注目を集めています。
私たちのクリニックでは、主に星状神経節照射(SGR)及び筋照射に応用し交感神経緊張症状からくる咬合異常・頭痛・顎関節症・咀嚼筋症候群・舌痛症・口腔乾燥症・顔面神経麻痺等の病気に対して大きな効果を挙げております。

★下の図は、実際にスーパーライザーを星状神経節に照射したときの脳血流の変化です。
コンピューターでいえばCPUの役目をする「視床下部」への血流も期待できます。

SPECT

オペレーザー(CO2レーザー)O3SⅡ

ニューロメーター(末梢神経検査装置)

高出力5Wのハイパワーで到達深度は0.05㎜と浅く、口腔粘膜を外科的に切除するのに使用します。
表在性の口内炎や粘膜疾患、インプラントの2次オペに有効です。
照射部位の治癒経過も早く、術後の痛みが出にくい効果があります。

アイレーズ(無痛治療用半導体レーザー)

ニューロメーター(末梢神経検査装置)

半導体レーザーを活用した軟組織専用の歯科用レーザーです。
歯周病や口内炎、根管治療などの治療に対応することが出来ます。

ペリオテスト

ニューロメーター(末梢神経検査装置)

歯牙の動揺をコンピュータで計測します。
主にインプラントの固定を計り、噛み合わせる時期を決定する時に使用します。

アクアドール

ニューロメーター(末梢神経検査装置)

無菌水生成機です。
外科やインプラント手術などをする手術室に完備しています。
感染予防のために手術室にはなくてはならないものです。

このページの先頭へ
トップページへ
長栄歯科クリニック オフィシャルサイト
社団法人日本口腔外科学会
臨床ゲノム医療学会